ファンデーションを選ぶときの基準とメリット・デメリット

stockfoto_39041009_XSピンときていないけど惰性で使っているファンデーション。

そろそろ新しいファンデーションに変えたいけど、種類がたくさんありすぎてどれを選べばいいかわからない!
ファンデーション選びは女性なら誰もが悩んだことがあると思います。

そんなときはどんな点を重視して選ぶかを決めれば自然と候補が絞れます。

・自分の肌質に合わせて選ぶ
乾燥肌の方は油分やスキンケア成分が含まれているリキッドタイプのもの、脂性肌の方はマットな仕上がりになるパウダーやリキッドタイプを選びましょう。
肌質に合っていないものを選ぶと化粧くずれや肌荒れの原因となります。
今年はツヤ肌が流行りましたが、脂性肌の方が使うとテカテカになりやすいのでマットなものを選ぶのがマスト。

・カバー力重視orナチュラルな仕上がり?
次に、カバー力のあるものか、ナチュラルな仕上がりになるものかを決めましょう。
カバー力があれば、シミや毛穴など肌の気になる部分を隠すことはできますが、その分厚塗り感が出て、のっぺりした顔になる可能性も。
使用の際は薄く塗るか、ハイライトやシェーディングで立体感を出しましょう。
ナチュラルな仕上がりになるものは、すっぴんのような自然な肌が作れますがその分薄づきでカバー力のないものがほとんど。
隠したいところはコンシーラーを併用しましょう。

http://xn--dckuao1a2ezeya3cya0dya2hb9j.net/

ファンデーションを選ぶときの基準とメリット・デメリット