髭脱毛を部分的にしました

私は、小学校高学年からどんどんムダ毛が気になり始め、処理をしたいという気持ちが高まっていました。

stockfoto_50766790_XSしかし、なかなか親に言い出せず、中学に入学し、さらにムダ毛を気にするようになっていきました。
脚と腕の毛が濃く、あるとき、クラスの男の子に腕の毛が濃いとバカにされたことで、親に相談する決心をしました。親に相談してみると、「一度毛を剃ってしまったら、ずっと剃り続けなければ満足できなくなってくるし、これから長い人生、毎日毛を剃らないといけなくなるから、まだ毛を剃り始めるのは早い」と言われ、ムダ毛処理の方法を、“剃る”のではなく、“薄くする”や“抜く”という方法にしました。

そして、親が買ってくれた脱色クリームで脚と腕の毛を脱色しましたが、脱色した毛が光にさらされると、キラキラ光ってさらに目立つようになりました。それからどうしてもムダ毛をなくしたくて、中学3年の頃やっとカミソリでムダ毛を剃り始めました。

それから今年の4月までの約10年間、ほとんど毎日カミソリでムダ毛の処理をしてきました。 しかし、実は私はとても肌が弱く、体調が悪いときには蕁麻疹が出たり、乾燥肌でとてもかゆくなったり、また、日光アレルギーでもあります。

肌の調子が良いときはほとんどなく、それに加えて毎日カミソリで毛を剃っていたわけですから、肌はボロボロの状態でした。 脱毛サロンでの脱毛も何度も考えていましたが、「日光アレルギーの私が、光やレーザー等で脱毛をしたら、その光やレーザーに反応して、発疹が出るのではないか」と思うとこわくてなかなか手を出すことができないでいました。

そして、今年(2016年)の4月、仕事をやめて自由な時間ができたときに、エステやネイルなどの自分磨きをとことんしたいと思うようになり、脱毛を考え始めました。地元のフリーペーパーをいくつか見てみたところ、共通して紹介されている脱毛サロンがあったので、その脱毛サロンのお試しコースに申し込み、 まずは私のような日光アレルギーをもった人でも脱毛をすることができるのか相談してみようという軽い気持ちで通い始めました。

脱毛した部位は「両足の膝下(足の甲含む)・両腕のひじ下(手の甲含む)・ワキ」です。
私が通っている脱毛サロン(エステティックサロン VICTORY)は、光を当てる脱毛方法をとっています。 まず、シェービングを行い、殺菌・保湿をします。

その後、トリートメントジェルを塗り、光の照射開始です。
全体に照射が終わったら、ジェルを拭き取り、冷たいタオルまたはコットンで沈静させます。 最後に保湿クリームを塗る、という流れです。

私の場合は、肌が荒れていたこともあり、特に脚のすねは毛が埋まってしまっている状態でした。 そのため、黒いプツプツになっていて、光がよく反応してしまうために、高温になり、チクッとした痛みを伴うことがありました。

しかし、その旨を伝えると、その都度光の調整を行ってくれるため、あまり痛くない程度まで光を調整してもらいました。

施術自体は40分程度で終わります。
脱毛に通う周期は、1か月に1回です。

脱毛してみての感想として、私はまだ2回目の施術を終えたところなのですが、とても脱毛の効果を実感しています。1回目の施術後約2週間ほどたつと少しずつ毛が抜けてくると言われていたので、施術してすぐに効果が表れたわけではないですが、確かに2週間後には肌がキレイになり始めた気がしました。

埋まっていた毛もほとんどなくなり、肌が荒れなくなりました。

もともと乾燥肌ということもあり、保湿は毎日朝晩行っていたのですが、それでもいつもかゆい状態が続いていたのに対し、脱毛後はしっかり保湿されている感覚があり、毛穴が炎症を起こしている部分もほとんどなくなりました。

私は日光アレルギーということもあり、日焼けをしないので、肌が白く、毛がとても目立ってしまうのですが、だいぶ目立たなくなってきました。一応外出するときは自分でムダ毛の処理をしていますが、脱毛前よりも毛が生えるスピードが遅くなったような気がします。

次の脱毛で3回目となり、お試しコースは終わってしまうのですが、このまま継続し、自己処理が必要のない程度にまでできたらと考えています。

髭脱毛を部分的にしました

髭脱毛を部分的にしました